yururi-furu’s blog

ゆるりと続けるフルコミ営業

営業の基本を考える(フルコミ営業として生きる①)

その営業所の所長は、営業マンが一人ひ

とり生きていくためのことを、きちんと

考えていました。

ただし、それを実行しない営業マンは切

り捨てる。

自分が幸せになる努力をしない奴は、家

族や会社を幸せにすることができない、

という考え方です。

 

そのために、営業マンに数字を求める。

営業数字を達成するために先の先まで

考える習慣をつけさせる。

他の不動産会社の営業マンが考えつか

ないことまで。

 

 

だいたいの営業マンは、ちゃんと考えて

いるよと反発します。

でも、3年先の営業数字や5年後の自分

を考えて今日を終わらせたのか、という

ことを説いているのです。

それには誰も返答できませんでした。

 

所長は、営業マンが一人も返答できなか

った3年後の営業数字を考えて行動して

いました。

もちろん自分の5年後、10年後まで。

 

ただ、ここに銀行系の不動産会社ではと

いう特徴があります。

 

それはいずれ記載する「個社検((こし

ゃけん)(面白いので必見!))」でも

出てきますが、お客さんの家族構成や

資産状況までを考えて、不動産をもとに

した長期の資産形成を含めた提案等を

していくことです。

 

 

あまり気にしてないと思いますが、なぜ

信託銀行に口座を持つ人がいるのでしょ

うか。

それは信託銀行が、小回りがきくことで

す。そして都市銀行よりも小額な金融資

産でも動いてくれるプライベートバンカ

ーの存在。

また、不動産を取り扱えることもあると

思います。

 

小回りがきくことの最たるものが、財務

相談員です。

お客さんのところを定期的に往訪して、

金融に関する様々な相談を受ける。

その場で答えることもあれば、銀行に持

ち帰ってからより良い提案を考えてきた

り、ともすれば上席の銀行員と再度訪問

し、手厚いサポートを行ったりします。

 

僕も信託銀行に席があり、不動産の案件

があるときは、銀行員や財務相談員に同

行したり、ときには信託銀行の支店長と

運転手付きの支店長車で出かけることも

ありました。

 

新規のお客さんは、信託銀行や関連会社

の人が多いのですが、昔から口座を持っ

ている人はずっと銀行を変えない。

それはその小回りのきく便利さと、70

代以上のお客さんは、預けたお金が倍以

上になったという良い時代にお世話にな

っているからです。

 

心から信頼しています。

そして信託銀行は、それに応える努力を

惜しまないからです。

 

財務相談員のその動きは、思った以上の

ものでした。

 

それは・・・・・。

 

 

 

競輪から学んだギア比(フロントギア⑥/⑦)

ピストレーサーの選び方は、競輪学校受

験仕様しか考えていませんでした。

 

使用できるパーツがスポークの太さなん

かまで細かく決まっています。

すると選べるパーツはほぼ決まってしま

います。あとはメーカーだけです。

選択肢が少ないから考えなくていい。

 

競輪学校を受験するのであれば、そこに

ギア倍数の制限があるぐらいです。

 

ちなみに、現在の競輪学校の合格タイム

は、キロメーターで 1分9秒台です。

僕が受験しようと考えていた当時(40

年ぐらい前)は、1分12秒台でした。

(ここで絶対に注意しなければいけな

いのは、いつも大会で使っているピス

トが競輪学校受験仕様でない場合、

受験用のパーツに換えるこで、タイム

が落ちてしまう可能性があるということ

です。

キロメーターは、受験仕様のピストでの

タイムも把握しておいてください)

 

もちろん競技レベルも上がっているので

すが、昔と違い公営ギャンブルの人気が

落ちてきているので、選手の数や賞金が

少なくなってきていることも影響してい

ると思います。

 

40年前の競輪学校は、合格者数が春で

125人。秋で125人。

年間合計250人でした。

登録(プロ)選手も4000人もいて、

ギャンブル選手規模は、競馬・競艇・オ

ートに比べても最大でした。

 

いま競輪学校は、受験者数が400人未

満で、合格者数は70人です。

試験も春だけです。

かなり狭き門となりました。

だから、合格者のレベルが上がってきて

います。

また昔と違い、年齢制限が撤廃されたの

も大きな変化です。

以前は、24歳未満までという年齢制限

がありました。

また、他のスポーツからの転向者も少な

かった。今はけっこういます。

競輪選手になるのも大変ですね。

 

そして、指定されたフレームやパーツ

の精度も上がっています。

特にベアリングの精度が上がっている。

速く走れるしタイムが出やすくなってい

ます。

 

ギア倍数で書いたように、ロードレーサ

ーのギアはフロント1枚とリアが8枚あ

れば足ります。

今のパーツの精度からすると、フロント

が1枚とリア9枚がベストです。

 

結論の前に、知人からFP2級試験への

リクエストがあったので、そちらを先に

書きます。

 

 

ちょっと待っててください。

 

もっとシンプルに!(フロントギア⑤/⑦)

 ギアチェンジミスは命取りです。

 

レース中に上り坂で集団の速度が上がっ
たり、誰かがアタック(スパート)をした
ら、アッと言うまに置いていかれること
になります。

そう、実戦でこんなギアチェンジはしま
せん。
ちゃんと練習をしてシフトチェンジ数を

こなしているのならば、する必用がない

ことは、脚が理解できているはずです。

 

ということは、 42×13~17 は
要らない。
無駄なギアです。

 

すると12速といいながら実質は8速。

当時はできませんでしたが、今はリアが
10枚は設置できるので、チェーンライ
ンの狂いまで考えて9枚で抑えたとして
も、以前に比べると実践的にも十分な枚
数があります。

そうです、これだとフロントギアがアウ

ター1枚で足ります。

 

自転車はそのシンプルさから、機能美を

追求した機械だと思います。

 

たったフロントのインナーギア1枚でも

無駄なものは一切排除したい。

 

もちろん街道トレーニングのときの、ベ

ルやライト・反射鏡など法令に基づくも

のは必要ですが、それ以外は一切要りま

せん。

 

走り以外に必要なものは、距離や速度な

んかを表示するサイクルコンピューター

だけです。

 

何もないのが一番いい。

 

僕は最後はピスト以外は乗りませんでし

た。

最もシンプルで、最高の機能美。

これに比べたら、ロードレーサーはごち

ゃごちゃしていて美観が劣っているよう

に感じてしまいましたし、反応が遅いう

えに力の伝わりかたでロスが多い。

 

街道トレーニング、ヒルクライム、ポタ

リング、サイクリングそして2~3泊ぐ

らいのツーリングもピストレーサーで行

っていました。

ステムは前下がりの、思いっきり低いポ

ジションのままです。

スプリントやキロメーターのポジション

設定のまま走っていました。

シングルギアなので、そのたびに最適な

ギアを選んでです。

 

フロントは、48T一枚しか持っていなか

ったため、リアを替えています。

基本は 48×14。

 

ツーリングのときは、リアを15か16

にして。

ヒルクライムはその難易度によって、

16~18の中から1枚を選んで上って

いました。

富士山スバルラインぐらいだったら、何

とかなりそうです。

 

当時の僕の競技者といての実力は、速く

も遅くもないレベルでした。

 

ロードレーサで、ほぼ無風状態のフラッ

トなコースの一人での自力走行時間は、

100kmを3時間弱です。

だいたい2時間50分~55分です。

 

ピストレーサーでは、

キロメーター 1分15秒台

200mハロン 11秒3 がベスト。

 

小さな大会で優勝することはあっても、

大きな大会では入賞しかできない。

 

 

でもここで分かったことは、どういう

自転車とギアを選択したらいいかの答

えでした。

これが違和感、無駄なギア(フロントギア④/⑦)

ここでギアの表を見てみます。

52がフロントのアウターギア。
42がインナーギア。

13~21がリアのギアです。
それぞれの小数点のついた数字が、クラ
ンクを1回転させたときのホイールの回
転数です。

例でいうと、52×13のときはホイー
ルが 4.00回転するということです。

52 42
13 4.00 3.23
14 3.71 3.00
15 3.46 2.80
17 3.05 2.47
19 2.73 2.21
21 2.47 2.00


そして、あることに気付きます。

52×21=2.47
42×17=2.47

そう、このふたつのギア比は、まったく
同じなんです。


僕は練習でもレースでも、基本的に平地
を 52×14 で走っていました。

52×13 は下り坂用です。
下り坂は重力を利用できるので、更にス
ピードを上げるためと、重いギアを踏む
のが楽になるため、ひとつ重いのを設定
してあります。

逆に上り坂は重力に逆らう運動なので、
軽いギアじゃないと速度が落ちてしまい
ます。

こちらの方が走りの対応がしにくいため
に、上り坂に合わせた軽いギアの設定枚
数のほうが多くなります。

平地で 52×14 で走っていて、上
り坂が始まったときに徐々に勾配(傾
斜)がきつくなるとすると、次に使うの
は 52×15 そしてその次は・・・


えっ! 42×13・・・・。



その次は 52×17 
そして42×14 、
次は 42×15、52×19 、
更に 52×21 か 42×17
最後に 42×19 、42×21です。


いちいちフロントもリアもチェンジしな
ければならない。

何だか分かりにくくないか?
実戦でこんなふうに使えるのか?
間違えないか?


何か無駄がないか?


それって皆知っているのか?


ここで気づきがありました!

ロードレーサーのギア倍数(フロントギア③/⑦)

ギア倍数(ギア比)と言うのは、フロン

トギアの数をリアギアの数で割ったもの

です。

 

例えばフロントギア数が45で、リアギ

ア数が15だと、45÷15=3.00

これは、クランクを1回転させると(イ

メージとしてペダルをひと漕ぎすると)

ホイールが(イメージとしてタイヤが)

3.00回転するということです。

 

もしもフロントギアが数60で、リアギ

ア数が15だと、60÷15=4.00

ひと漕ぎでタイヤが4.00回転する。

つまり、ひと漕ぎで1回転分多く移動で

きる。

これがレースだと、その分早くゴールで

きるということです。

ただ、当然ですが、そのための脚力や回

転させるパワー等が必要です。

 

これ以上詳しく書くには、図や写真が必

要になるので、ここでは何となく理解し

ていただければ良いと思います。

 

 

ちなみに、2021年6月3日に行われ

た「青森F1競輪 もりんトワイライト

レース」では、12レース S級特選の出

走9選手のギア倍数はすべて 3.92 

でした。

これはフロントが51枚で、リアが13

枚ということです。

 

この場合のギア比は、51×13という

表示をしますが、ギア倍数の数字の出し

方は 51÷13=3.92 です。

 

最近の競輪は、重いギアのほうが有利だ

ということで、みんなかなり重いギアを

踏みます。

(一時期、かなり重いギアを使って、続

けて優勝した選手がいたため、現在男子

選手は「ギア比を4.00未満にしなくて

はいけない」という決まりになっていま

す)

 

このギア比は重い。

とてもじゃないけど、常人が踏み込める

ものではありません。

 

彼らは片足レッグプレスで、200kgを

持ち上げます。

トップ中のトップでは、280kgを持ち

上げる選手もいます。

 

つまり、ひと漕ぎにかかる力が 200

kg以上。

いくら鍛えたとしても異常な力です。

驚きしかありません。

 

 

ここでやっとロードレーサーのギア倍数

に戻りますが、そのときに僕が使ってい

たギアは、当時としては主流のもので次

の数でした。

フロント 52×42T

リア   13~21T

 

これをギア倍数で表すと、疑問と違和感

の答えが出てきます。

競輪のギア倍数(フロントギア②/⑦)

走りこんでいくと、ギアに疑問をもつよ

うになります。

 

ギアというのは、ペダルにつながってい

るクランクに接続された金属の丸い板、

チェーンを引っかけているあのギザギ

ザの歯みたいなもの。

ギア数というのは、そのギザギザの数

です。

そんなギザギザの数を気にしているなん

て何という暇人だ、と思うかもしれませ

んが、実はこれは非常に大事なものなの

です。

 

 

脚力や走りのタイプによってよっても変

わりますが、必ず理解しなければならな

いものなんです。

 

リアは、レースで使うには、トップが

12か13。

11も、なくはないのですが、フロン

トでカバーできるので、12あたりが

全体のバランスを考えると良いよう

な気がします。

 

リアが8か9枚あれば、ここから楽に

ギア枚数設定の展開ができます。

そうです、僕らの時代は、リアが6枚の

ものしか無かったために、フロントギア

が二枚必要でした。

 

ここまで読んでよく分からない人もい

ると思うので、まずは競輪のギア倍数

のことを書きます。

(かえって分かりにくくなるかも!)

 

競輪では出走選手のデータというものが

あります。

ギャンブルなので、賭けるほうにとって

は、選手の状態から最近の出走レースの

結果、年齢、班、期、バック、戦法(逃

げ、捲り、差し、マーク)、競争得点、

前回成績、上がりタイムの他に出身地や

普段の交友関係(連携がからむため)等

の情報は必須です。

これらを参考にして、レース展開を読み

着順を予想して大事な自分のお金を賭

ける。

 

そう、他のギャンブルと違い人間関係を

読む要素が強い、人間くさいギャンブル

です。

そのせいか、ともすればその賭けたお金

が、他のギャンブルに比べて、とんでも

ない払い戻し金になったりします。

 

特に競輪は、他のギャンブルに比べて

高額の配当が出やすい。

なんと「Dokannto!」の歴代最高配当

金は、4億8426万6440円です。

 

また重勝式「チャリロト」の歴代最高配

当金は、9億598万7400円です。

これは、しびれる!

 

その情報の中でもとても大事なものの

ひとつに、ギア倍数があります。

これの設定で、その選手がこのレース

でどんな戦法を取るかの予想ができる

からです。

 

一見、ロードレーサーのフロントギア

の話に関係なさそうですが、これが理

解できると、フロントギアがシングル

だけで良いにつながっていきます。

 

このギアの、フロントギア数をリアギア

数で割ったものがギア倍数です。

 

その重要性は次のことです。

ちょっとひと休み、自転車のこと(フロントギア①/⑦)

今また、自転車のブームですね。

 

何回もあったブームですが、今は本当に

いろんなところで取り上げられていて、

注目されています。

 

とてもいいことです。

 

実は、ずっと離れていたのですが、自転

車が大好きです。

 

一時期は距離をおいた自転車。

でも、どこかに気持ちが残っていたんで

すね。

また、雑誌とかを見始めています。

 

 

そして、こっちもほとんどやっていない

けど、テニス。

ここ数日は、大阪なおみさんとフレンチ

オープンの話題がたくさん取り上げられ

ています。

 

これはこれで気になりますが、まずは自

転車のお話です。

 

 

この、好きなスポーツでも、やはり自転

車は別格です。楽しすぎる。

 

そんな自転車ですが、先月見た自転車雑

誌の中で、気になる言葉を発見してしま

いました。

 

それは、

「最近は、フロントギアがシングルのも

のが出てきている」です。

 

あ~、やっと来たか。

フロントのシングルギア。

40年待ってたよ。いつか来ると思って

いた。

だってフロントギアは、トリプルどころ

かダブルも、本当は使わないもの。

 

ま~ツーリングで、世界を周るならまだ

しも、日本国内なら要らない。

 

ロードレーサーでもツーリング車でも、

必要ない。

特にいまは。

 

40年以上前の話で申し訳ない気もし

ますが、当時出ていたレースに使って

いたロードレーサーのギアは、

フロント 52×42T

リア  13×14×15×17×19×21T

12速です。

 

メインは、52×14。

これで平地を走り、13は下り坂専用。

後はコースに合わせた登坂用です。

 

毎日100kmぐらいのロード練習をする

のですが、いつもギアに疑問を持ってい

ました。

 

ギアの中に、無駄なものがあるんじゃな

いか?

 

これはロードレースを始める前から感じ

ていたことですが、ギアチェンジをした

のに思った回転数が維持できていない。

でも、脚力の問題だけではない。

 

特にきつい登坂時に、効果を得にくい

感じが強い。

 

ロードレース出る前によくツーリング車

で遠出をしていて、日帰りで1日平均

200kmぐらい走っていたのと、夏休み

には1ヶ月もツーリングに出ていたの

で、ギアに関してはかなり疑問を持っ

ていたんです。

 

そしてその答えは単純な割り算でした。